自分用携帯Wifiルーターを契約すれば料金が安価に

自分専用の携帯用Wifiルーターを契約する人々が増えてきており、格安スマホサービスのように多くの選択肢が用意されました。

自宅にインターネット回線を設けても、その電波が届かない場所まで出かければ当然、スマートフォンやタブレットの料金は発生します。スマートフォンやタブレットは大手携帯電話の電波に切り替わる事で、自宅のWifiルーターの「圏外」になっても、普通に活用可能です。しかし料金が一挙に跳ね上がるのが玉に瑕と言えます。

SNSやEメールを使う程度なら料金は安価です。しかし音楽を取り寄せたり、オンライン通信が必要なゲームで遊べばすぐに料金が高くなります。そのため自分専用の携帯Wifiルーターを契約し、通勤や通学で自宅を離れる時間が長い方は、そちらをメインの接続方法になさっています。携帯用ルーターを契約すると既存のプロバイダ契約のように月額料金が発生しますが、そのコストは月々数千円と格安です。自宅のプロバイダ契約を解約して、モバイルルーターをメインの接続方法になさる人々も現れました。

個人的にルーターを契約し常に携帯しておけば、外で高画質な動画を見たり、ストリーミング再生で音楽を鑑賞に視聴しても、月々のコストは数千円以下です。更に自分名義で契約を行うため、通信の安全性の面でも信頼が置けます。流行のフリースポットは脆弱性が専門家から指摘されており、頻繁に接続するとウイルス感染や個人情報の漏洩などのリスクが生じます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *