二つのWifiルーターを比較して選ぶ

個人向けのWifiには、2つのタイプがあります。

一つ目は据え置き型のルータを設置する物です。自宅にWifiを設けたい場合は基本的にコレがオススメです。据え置き型は値段がお手頃となっており、ネットショッピングサイトや量販店で販売されています。別途地元のプロバイダサービスと契約しなければなりません。ルーターだけを設置してもWifiは使えないため要注意です。自宅に据え置き型のルーターを置けば、スマートフォンやパソコンがお得な料金で使えます。

スマートフォンの場合、auやdocomoと契約しているため、普段からネット回線は不自由なく利用可能ですが、利用したGB数に応じて通信費が加算されます。HD画質のネット動画を一本見るだけでかなりの通信費が掛かりますが、自分のルーターならプロバイダ料金だけでOK、通信量に関係なく料金は一律です。もう一つのWifiの利用方法ですが、いわゆる携帯型のモバイルルーターを借りる方法です。普段から自宅以外でネット検索をする方にオススメであり、自宅で過ごす時間と外でスマートフォンを利用する時間を比較し、どちらが多いか自問自答しましょう。

料金はプロバイダ契約とモバイルバッテリー契約、それぞれピンキリであり、単純比較は出来ません。ただ普段から旅先で地図アプリを使ったり、短期出張で日本列島を飛び回るビジネスパーソンにはモバイルルーターがオススメです。自前の端末を携帯する事で、比較的安価な通信費で安全なネット利用ができ、フリースポットを度々探す手間から解放されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *